ブログが書けないので、Google先生に聞いてみたら。<その原因と対策>

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

ブログが書けません。笑

ブログ自体の更新は3日前ですが、ここ最近特にブログを書けなくなっていて。

…というか、正直言うと、ここ2ヶ月くらい、ずーっとそんな感じだったんです。笑

 

「わかんないなら調べてみればいいじゃない」ということで、Google先生に聞いてみたら。。。

約1億4900万件…!(´⊙ω⊙`)

検索ワードもいろいろありますね〜。笑

 

他のブロガーさんたちの回答は。

いろいろ見てみて、参考にした記事たちは・・・

あなたがブログを書けない理由。それは『プロ意識』がないからです。
「ブログが書けない…。記事ネタもないし、時間もない。自分のブログ読者も少ないし、、、やはり自分はダメだなぁ。ブログなんてやっても意味ないかな…。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.あなたがブログを書けない理由は”プロ意識”がないから/2.ブログが書けない人の解決策、それはブログを書くこと/3.ブログを続ける...

・ブログを書くにはプロ意識が大切
・”すごい人”じゃなくでもブログは書ける。読者は3年前の自分です
・ブログが書けないなら、その解決策はブログを書くこと。
・書けないから、文章テクニックを学ぶ? それは負のループです

まず、、、タイトルが刺さりすぎる。。。笑
よく「ペルソナ」って言われますが。「3年前の自分」って、明確に数字で表現されるとわかりやすいですね。 

***

ブログが書けない理由を考えたら、答えは意外とシンプルだった
完璧主義に陥っている SEOを意識しすぎて、書いてて楽しくない 人と比べない、自分のメッセージを貫け 「ブログが書けなくなった」という方は、ぜひここに書いたことを意識してみてください。 とりあえずゴチャゴチャ難しい事考えずに、書く書く書く書く。 これが大事かと。

「ブログが書けない」ということはメンタルや思考の影響が大きかったりします。

メンタルが落ちてると書こうとも思えないし、メンタルが落ちてる時って気持ちが乗らないから書いてて楽しくない。
間違った思考に縛られていると、どれだけ書いてても成果は見えてこない。

ほんと、メンタルと思考の影響大きい…!笑
私、文章書くときは「言葉を捕まえにいく」感じがしてるんですが。書けないときは、全くいないor逆にいすぎて捕まえられない感じですね〜。笑

***

ブログが書けない・続かない6つの原因と実際に効果のあった解決策
「ブログが書けない」原因は人それぞれで、対処法や解決策も異なってきます。ここでは、実際にご相談いただいた悩みから原因を6つに分類し、それぞれに効果があった対処法や解決策をご紹介しています。読者に伝わる文章を書けるよう少しずつやっていきましょう。

1 書きたいことがない/書きたくない
 1.1 解決策:ガチガチに考えず、余裕をもつ
2 何をどうやって書けばよいのかわからない
 2.1 解決策:好きなことをひたすら書く
3 考えすぎて書けない
 3.1 解決策:楽しみながら体験談を伝える
4 モチベーションが上がらなくて書けない
 4.1 解決策:作業興奮ときっかけ作り
5 記事のネタが見つからなくて書けない
 5.1 解決策:インプット量を増やす
6 文章力に自信がなく上手に書けない
 6.1 解決策:読みやすさを意識して文章以外の質も上げる

「実際にアドバイスして効果があった解決策」と言われてるだけあって、様々なパターンに対して具体的な解決策があって、わかりやすいです。
私の場合は「2.1 解決策:好きなことをひたすら書く」「3.1 解決策:楽しみながら体験談を伝える」かな。
…というか、うん、全部だな。笑 

***

https://yoshimiblog.xyz/blog/cannot-write

ブログが書けない状態をよく観察すると、自分を大きく見せようしすぎて無理な内容で書こうとして筆が進まないという状況に陥ることがあります。

理由は簡単で、実績も経験も知識もないのに「すごい自分を演出しよう」とすると、単純に調べることが増えるのです。しかも、足りない情報を頑張ってネットサーフィンしたり読書したりして、それを自分の言葉で書き写す作業になってしまうと、内容が薄っぺらくなってしまう割には面白くなくて、モチベーションがだだ下がりしてしまいます。

まずは未熟な今のあなたを受け入れましょう。しょぼい今の状態から抜け出す方法は、未熟なまま書き続けることです。

ハードルを上げすぎず、あなたのレベルで書ける最大限の記事を書いてみませんか、という提案でした。

まとめると、

・しょぼい内容でもいいから書く
・無駄記事でもいいから公開する

の2つをまずは淡々とこなしてみましょう

「しょぼい自分を認める」。言葉にするとシンプルですが、なかなか難しいですよね〜。認めたくなくて、ついつい自分に「期待」しちゃってるんだろうなぁ。。。笑

 

ということで、私が書けなかったのは、

  • “ちゃんとした記事”を書かないと思ってる ←完璧主義
  • 「このネタ書くなら、この人の方がよくない?」「もうこの人が書いてるから、私が書く意味なくない?」と思ってる ←無意味感、無価値感

などが主な原因なんじゃないかと。

もともと、コミュニケーションや文章表現に対して苦手意識がある(でもやること自体は好き)んですが。そこに「誰かがやるなら、私がやんなくていいんじゃない?」というのもあったり。ここ最近のご時世なんかも相まって「今、この程度のことを言っちゃっていいの??」みたいになってたんじゃないかと。最近、ココロノマルシェの記事書いてたのも関係ある気もするなぁ。笑

解決法は「そうだとして、それでもキミはやるの?やらないの?」ということで。笑
「自分が読みたいもの・読みたかったものを、ひとまず“今の自分”ができるクオリティーで書きまくる」「“しょぼくてカッコ悪い”自分を認めて、自分への期待を手放す」なんじゃないかと。笑

 

悩む理由。

人って、どうでもいいものには悩まないんですよね。大事なものだからこそ悩むんです。

今回の件で言えば、「ブログ書けない→よし、書けるまで待とうorもうブログ書くのやめよう」って思ってしまえば、ある意味悩みは解決するんです。笑

それでも書きたくて、または「書かなきゃいけない」と思って悩んだり、Google先生に聞いてみたり。笑

ということで、パートナーシップとか仕事とか家族とか。何かに悩んだら、まずは「私にとって、〇〇って、それだけ大事なものなんだな〜」と思ってみてくださいな。←がんばって“カウンセラーっぽさ”を演出してみる。笑

 

あとは、よく言われてますが、悩みは「言えると癒える」

「困ってる」とか「できない」とか「どうしたらいいかわかんない」とか。

言葉にして「出して」みたら、それだけで結構軽くなったりもしますし。「話す=放す」ですし。そもそも、そういうのが「カウンセリング」ですからね。笑

いろんな「不安」や「悩み」が渦巻くこのご時世ですが、そういうときはこういうの↓を使ったらいいんじゃないかと。

【お弟子情報】家で過ごす時間が長い今だから、こんな企画に参加してみてはいかがでしょう???(その2) | 心理カウンセラー根本裕幸
早速、こちら(↓)の第二弾っす!日程順に並べ直しております。 【宮本朋世】 4/11,12,14 『オンラインカウンセリング特別募集』 【ジュンコ】 4月14日(火)20時〜22時
心理カウンセラー根本裕幸オフィシャルブログ
3ヶ月先まで予約の取れない心理カウンセラー根本裕幸(ねもとひろゆき)が結婚、恋愛、ビジネス、家族の問題を心理学で解決。

こちらもぜひ♪

ココロノマルシェ
心理カウンセラー根本裕幸のお弟子さんがあなたのお悩みに答えます。

 

ということで。笑

「思い切って悩みをぶっちゃけてみたら、、、あれ?最終的にはステマなの??」というお話でした〜。笑

私もモニターセッションやココロノマルシェがんばりまーす٩( ᐛ )و

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら
3+