その人ならではの「世界の見方」は「才能」<ケーススタディ勉強会①>

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

今日は、お弟子1期&2期の有志で「ケーススタディ(相談事例)勉強会」をしてました٩( ᐛ )و
参加いただいた方々ありがとうございました♥

事の発端は、先月末のお弟子3期講座で、師匠が「カウンセラー仲間とケーススタディ勉強会やってたのがかなり為になった」と話していて。

そのとき動画で講座見学していた何人かで「私たちもやりたいね」という話になり。

さっそくTTP(徹底的にパクる♥)して(笑)、講座終了直後に開催決定→募集開始したのでした♪٩( ᐛ )و
決めると行動が早いのが「武闘派」ですよね♥笑

 

で、今夜初開催だったのですが、、、思ってた以上におもしろい…!♥

参加する方には、事前に「勉強会で取り扱いたいケーススタディを1件以上持ってきてね」とお願いしていて、今回は主に「ココロノマルシェ」のご相談について話してたんですが。

そのご相談のチョイスがまずそのカウンセラーらしさ満載だったり、選んだ理由も独自の視点でおもしろくて。

もちろんご相談に対する“見方”もそれぞれで、「あ、なるほど、そういう見方ができるのか…!」「それを聞いたら、こういうことが思い浮かんで…」と、大勢ならではの「学び」がすごく楽しくて、勉強になりました✨

マルシェは元々いろんなカウンセラーが回答してますが。
それをリアルタイムで聞けて、それに伴う“反応”があって…というのがおもしろかったです^^

 

今回参加していて、頭の中に浮かんでた言葉があって。

ハチクロの修ちゃん(花本先生)のセリフなんですが

「一度はぐになってはぐの目で世界を見てみたい」
どんな風に見えるんだろう―ってね

他人をそういう気持ちにさせる
そういうのを才能って言うんだろうね

ハチミツとクローバー 1

元々のセリフの意味とはちょっとズレますが、「その人ならではの“世界の見方”」って「才能」なんじゃないかな〜と思いました。

カウンセラーとしてがんばるためにも、まずは自分にもっとやさしくできるようにならないとなぁ。。。笑

 

それと。個人的には「この指止まれ」的なのをこれまであまりやってこなかったので^^;

いい「パターン崩し」にもなったらいいな、と期待してます。笑

今後も定期的に続けていきたいですね〜ʕ•ᴥ•ʔ

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら

2+