お恨み帳を書けない人にこそ、お恨み帳をオススメしたい理由。

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

今まで我慢したり溜め込んできた感情に気づくために「問題」が起きたり。
身近な人に感じてた思いを別の人に投影して、人間関係がうまくいかなかったりすることも多いと思うんです。

なので、セッションでは「お恨み帳を書いて、あのとき言えなかったこと、『本当はこう思ってた』などを吐き出してみてください」とお伝えすることが多いんですが。

【保存版】御恨み帳(お恨み帳)の書き方~心の健康を維持するための素敵なノート~ | 心理カウンセラー根本裕幸
* *** こんにちは! リクエストです。 「お恨み帳の書き方」を記事にしてもらえませんか? 実際に書いてみよう!と思うと、どうやって書けば良いかよく解らなくて… 注意点とか、オススメのやり方とか、一纏めにしてもらえると助かります。 お恨み帳を書こうと思う位なので、心に余裕が無く、記事を片っ端から調べる気力がありません...

そうすると、「お恨み帳書くの苦手なんです」「何書いたらいいかわかんないんです」「書こうとすると、相手に対して罪悪感を感じます」と言われることが結構あります^^;

私もお恨み帳が書けなかった時期はありましたが、今となっては普通に罵詈雑言を書きなぐれるようになってしまったので(笑)、「みなさん、本当にやさしい方が多いんだな〜…!✨」と今の自分の鬼畜生ぶりに(笑)ビックリするんですが。

そういう「書けない人」にこそ、お恨み帳をオススメしたいな〜と思ってます^^

 

私は、お恨み帳は「自己表現」や「自己主張」の練習でもあると思っていて。
お恨み帳を書くのに抵抗がある方は、まわりの状況を考えて、自分の意見や思いを飲み込んだり、まわりを優先させてきた方も多いのかな、と思うんです。
なので、「私はこう思ってる、こう感じてる」というのを、まずは自分で認識・把握するためにもお恨み帳が効果的なんじゃないかと思ってます。

だからといって、「無理やりにでも絞り出せ!」「とにかく頑張れ!」という話ではなくて。笑

また、「そもそも、なんでお恨み帳書きにくいの?」「書くことに抵抗あるの?」というと、「その人にされたこと」と「その人自身」をひとまとめにしちゃってるところがあるんじゃないかと思うんですよね。

書けなくてモヤモヤするのは、「相手を大事にしたい気持ち」「自分や自分の思い・感情を大事にしてあげたい気持ち」が戦ってるからなのかな〜と思います。

例えば「お母さんに対して、いろいろ思うことはあるけど、お恨み帳はなかなか書けない」という場合。

「お母さんにされたこと」「お母さん自身」を同一視していて、自分の中で「お母さんにされたこと=お母さん」という図式になっていると、「お母さんからイヤなことをされたことはあったけど、こんな風に悪く思うのは申し訳ない」と思うんじゃないかな〜と思います。
「育ててくれてありがとう」とか、感謝してる気持ちがあれば、なおさらお恨み帳は書きにくいですよね^^;

お恨み帳を書く=今まで思ってたことを紙に書き出して自分の目で認識することで、「その人にされたこと」と「その人自身」を分けて考えられるようになるんじゃないかと思うんです。

お恨み帳を書くことで、「お母さんは好きだし、感謝もしてる。でも、お母さんにされた『あの出来事』はすごくイヤだった」と、自分の中で「大好きな人」と「その人にされた行為」を分けて考えられるようになるんじゃないかな〜と思います。

なので、お恨み帳を書くほど、“自分の中にある愛”も感じられるようになっていくんじゃないかな、と思うんですよね。
そもそも、自分の中に溜め込んでるのは、「言わない」「我慢する」っていう形で愛情表現してきた結果だと思いますし。

  

そうは言っても、最初の一行がなかなか書きにくいのかな、とも思うので。

例えば、好きなカウンセラーさんとかに「ねぇ、聞いて」ってやるつもりで書き出すと書きやすいんじゃないかな〜と思います^^

また、「最近、職場の人にムカつくことがあった」とか、比較的書きやすい相手や書きやすいことから書き始めていって。「お母さんに対して、同じようなことを思ったことはないかな??」「お母さんに対して、どういう風に思ってたっけ??」って掘っていくのもいいかと思います。

「感謝の手紙」を書いてみて、「いや、でもあのときこんなことあったけどな!w」「あのとき、本当はこう思ってたし!」というのが出てきたら、お恨み帳に書いていく、というのも書きやすいかと思います。

あとは、「昔のことはあんまり思い出せない」という方もいるかと思いますし、最近のことの方が記憶も新しくて書きやすいかな〜と思うので。
例えば「20歳くらいのとき、こんなことあったな」「高校のときはこういうこともあったな」のように、徐々に時間を遡っていくのもいいんじゃないかと思います^^

 

今までできなかったり、やってこなかったことこそ、やってみると効果が大きいと思うので。

ぜひお恨み帳を使って、今まで我慢したり溜め込んできた思いを吐き出してみてくださいな^^

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?ʕ•ᴥ•ʔ
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら
3+