「感謝できること」を見つけるのは、「自分」と「世界」の認識を変えるため。

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

「両親への感謝を探す」「おかんへの感謝状」など、師匠の記事にもよく出てくる「感謝」ですが。

どこか「他人軸」というか、自分の中で「感謝=しなきゃいけないもの/人が『したらいい』というから頑張ってするもの/(親などの近い存在に対しては)絞り出すもの(笑)」になっていた部分があったんです^^;

でも、さっきセッションをやっていて、ふと。

  

あ、そういえば今、6月前半分の個人セッションをお得な【特別価格】で募集してますので、ぜひ♥笑

  

無事ステマを挟めたところで。笑

今までは、「感謝できることを見つける」のは、

  • 相手が与えてくれていた愛情に気づく
  • 「ある」を見て、不満を感じていて「クレクレ」状態をやめるため
  • (親子であれば特に)昔の関係性を手放し、今の自分達にふさわしい関係性をつくるため
  • 相手を感情的に理解するため

と思ってたんですよね。

もちろんそれもあると思いますが、今日セッションをやってて、クライアントさんに言いつつ自分にもいちばんしっくり来た(笑)のは。

「感謝できること」を見つけるのは、

「他人は私を助けてくれる存在なんだ」
「世界は自分が思ってるよりやさしい」
「私は助けてもらえる存在なんだ」
「だから一人で頑張らなくても大丈夫」

というのを自分に染み込ませていくため。

そうやって、「世界」と「自分」という存在の認識を変えるためなんじゃないかな〜と。

  

なので、親や彼などに癒着してるかも?という人はもちろん、男性・女性あるいは全体的に人へのネガティブなイメージを持ってる人親密感への恐れがある人、自立傾向が強い人も、効果が期待的なんじゃないかと♪

「人が怖い」出身で「野良猫」傾向な私(笑)も、もっとやらなきゃですねぇ。。。笑

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?ʕ•ᴥ•ʔ
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら

0