あなたはこれを愛と呼べるか。

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

先週末で、お弟子の課題から開放されたので✨
気になってた映画をようやく観れました〜✨

 

映画「彼女がその名を知らない鳥たち」

 

公開された当時、私にしてはめずらしく映画館に観に行ったんですが。

 

今回観返した感想は・・・

やっぱり、
どいつもこいつもクズばっかりだな

※個人の感想&褒め言葉(?)です(笑)

 

映画を観た当時、まずは原作本を読んで、内容を予習してから映画を観に行ったんですが、
ラストの意味がわからなくて。

わからなかったから、「映画観たらわかるかな?」と思って観たけど、、、
よくわからなくて。笑

今回観返したけど、、、やっぱりわからなかった。笑

 

なにがわからないかというと、

「こういう想いや考えがあったから、多分あの行動を取ったんじゃないかな??」というのはあるけど、

「じゃあ、なんでそこまでの想いがあるの??」というのがわからないんですよね。

想像する余地を残すために、あえて描いてないのかな??

男性だったら、また見方が変わるんですかね??

 

でも、わからないけど、前に観たときよりもやさしい気持ちで観れた気がします。

前回は「気分悪いな」って思ったけど(笑)、今回はあんまりなくて。

もちろん、途中はいっぱい「え??」って思うところはあるけど(笑)
それよりもラストの凄さをただただ感じました。

師匠・根本さんがよく「そうせざるを得なかった理由がある」って言ってるので、
その見方・考え方が少しずつできるようになってきてるんですかね??笑

 

でも、やっぱり、、、

どいつもこいつもほんとにクズばっかりだな♥ ←2回目(笑)

 

でも、こういうストーリーってなんか好きなんですよね〜。笑
またちょこちょこ観返そうと思います。

本や映画の印象が変わったのを実感するの、おもしろいなぁ♥

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら
0