「今の自分」は、1年前には思いもよらなかった世界。

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

今日はセッションdayでした。

オンラインでも、対面でも。「はじめまして」な方と繋がって、お話を伺えるのがすごく幸せでありがたいな〜✨と思ってます^^

 

で、今週末でお弟子講座が修了するからか、今「回想モード」になっているようで。笑
1年前のことを思い出してました。

師匠もよく「少し前の自分と比較して、『成長分』を受け取れ」って言ってますし♪笑

 

 

1年前の今頃は、ちょうど「ずっとやりたかったこと」だった「スタッフのお仕事」を手放した直後で。

『本当はなりたかったものと、言われてめちゃくちゃ嬉しかった言葉✨』
最近やたら喉がイガイガして、咳もとまらなくて ググってみたら、喉が痛いときはスピ的に「言いたいことを言えてない」ときだそう…! ということで、書こうと思いつつ…

わたし、後者的なプロフェッショナルになりたかった。

自分のすべてを注ぎ込んで。
ただただ自分がやりたいように。
誰に何と言われようと。

そういう、0を1にするような、
クリエイターになりたかった。

この選択肢を選んだのは、
“違った方向の努力”をしてるんじゃないかな、と思ったから。

マスターに行くまで、
サラリーマンの親か、
お店を経営してる人たちしか知らなくて。

マスターに行って、
ぢんさんとか師匠のコバとか
「カウンセラー」として“成功してる”人たちを知って。

ぢんさんは、はじめて「こんな大人になりたい!」と思わせてくれた人

もともとカウンセラーになるつもりはなかったけど、
マスターで「カウンセリングっておもしろいかも」と思って。

卒業して心屋カウンセラーにもなったし。

ぐりちゃんみたいに、
「スタッフもやって、自分でも講座やって」っていうのをやってみたかったんでしょうね。

だけど、私は
自分の手で何かを作るのがすごく好きだし、
精神安定剤でもある。

つくったものたちは
自分の子どもみたいな感じでもあって。

自分が褒めてもらうのももちろん嬉しいけど、
作品たちが誰かに褒めてもらったり、
使ってもらって、誰かの役に立ってるのを見れる方が
はるかに嬉しい✨

 

今も、作ったモノに対しては同じように思ってるし、好きで楽しいことでもあるんですが。

1年前は癒やされてないところがまだまだあったからか、人と関わるのがめちゃくちゃしんどくて。必要以上にエネルギー注ぎすぎて、勝手に疲弊してたんですよね^^;

で、「カウンセラーとしてもダメだったし、ずっとやりたかった“裏方”もダメだった」「私はもう仕事としてカウンセリングと関わることはないんだろうな」「“他の道”を探さないといけないな」と思っていて。

師匠のお弟子1期も、「行きたい」「申し込む」って言いつつ、結局見送ってしまってましたし。
燃え尽きすぎててか、1年前の記憶があんまりないんですよね〜。。。何してたんだろ??笑

 

…が、その1年後の今日。

まさかまたカウンセリングしてるなんて、あの頃は夢にも思わなかったです。笑

しかも、あの頃「この人めっちゃおもしろい〜♪」「もしカウンセラーやるなら、こういう人になりたい」って言ってた人のお弟子になってるなんて。笑

運命は不思議だね〜♪ by L’Arc(笑)

  

モノづくりに関しては、今は「カウンセリングがめちゃくちゃ楽しい♥」というのもあるんですが。

私にとっては「モノづくり」って、やっぱり精神安定剤なんですよね。
それと、モノを通して人と繋がれるのが好きだしおもしろくて✨

ブログを日常的に書くようになって、今はブログがその役割を担ってる感じがしていて。前ほど「何か作りたい…!」っていう渇望(笑)がなくなっていて。
あと、日常的にお恨み帳書くようになって、発散してる(笑)のもあるのかも。笑

 

今も作ったモノに対しては同じように思ってますし、当時も「モノ作るのが好き」「やらずにはいられない」っていう思いももちろんあったんですが。

あの頃はたぶん「『これ!』っていう何かを見つけなきゃ」って躍起になってたんでしょうね〜。他に好きなこと、できそうなことも無かったしなぁ。笑

 

ここからまた1年後、どうなってるか楽しみです^^

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら
4+