「自分が与えてきた愛情の価値」を受け取る。

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

この前、クライアントさんに「『自分が与えてきた愛情の価値』を受け取って」と言ってましたが。

見事に自分へのブーメランだったので、ご報告を。笑

 

慢性的な問題。

今週末でお弟子も終わるんですが。

振り返ってみたら、後半はずっと「無価値感」と戦っていたような…??笑

最近だと「見捨てられ不安」や「どうせ」もたくさん出てきてたんです^^;

で、今日お恨み帳に吐き出していたら、「期待しないで」「期待に応えられない」「そんなん言われても無理だし」「どうせ期待してないくせに!」などが出てきて。

書きながら、なんとなく祖母と母親が浮かんでいて。

 

小さい頃の「将来の夢」

プロフィールにも書いてますが、私の小さい頃の夢は「お医者さん」だったんです。

私が幼稚園の頃、祖母がくも膜下出血になり。長時間の手術の結果、一命は取り留めたんですが、左目が見えなくなって。私が「お医者さんになって治してあげる」って言ってたんですよね。

こう言ってたのは「私がおばあちゃん子だった」というのもあるんですが、実家が自営業だったので、姉が「家業を継ぐ」と言っていて。なんとなく「私がそう言ったほうがいいんだろうな」と思ってたんですよね。
小さい頃から計算高いなぁ〜笑 そして見事な他人軸…!笑

結局、中学生くらいまでは、将来の夢が「お医者さん」だったんですが。大好きなラルクをきっかけに、デザインの世界に興味を持つようになり。
(bassのtetsuyaがデザイン家具・家電が大好きで、当時雑誌に連載を持ってた)

高校生になってからの夢は「デザイナー」だったんです。

  

今日お恨み帳を書いていて、いろいろ吐き出した後。
ふと「がんばらなくていい」「誰かの役に立とうとしなくていい」「大したことなくていい」などが出てきて。

その後にふと「おばあちゃん、どれほど嬉しかっただろうね〜」と出てきて。

 

うちは祖父母が過保護・過干渉で。祖母は「私の言うこと聞いてりゃいいのよ」って本当に言う人だったんです。笑

私、母親から「悠はおばあちゃんに可愛がられてたから、『私(母親)のことバカにしてるの?』って思ってた」って言われたことがあって。笑
祖母も「中間子次女」だったので、「真ん中は特別」って、ずーっと言ってたんですよね。笑
(実際、祖母自身は実際めちゃくちゃ特別扱いされて育ってたし笑)
でも、私としては「そう言っても、なんだかんだ姉のほうが特別扱いじゃん」「自分のこと大好きなだけでしょ?」と思ってましたね←ほんと嫌なやつ(笑)

でも、今日、お恨み帳を書いてたら、「そりゃ、おばあちゃん、特別扱いするよね〜笑」「そりゃ、可愛いよね〜笑」「実際にそうならなくても、一時でも嬉しいよね〜」などが出てきて。
自己肯定感上がってきてる成果なのかな??笑 でも、こんなに自分のことを「可愛いよね〜笑」って思ったこと、今まで無かったかも。笑

メソメソしながら「『自分が与えてきた愛情の価値を受け取る』って、こういうことかぁ〜…!✨」と考えてました。笑

 

さらにその後、自分の中で

「カウンセラーになったら、おばあちゃん、喜んでくれるかな??」

「わからんね〜笑」「でも、悠ちゃんが幸せなら、嬉しいんじゃない??」
「カウンセラーやると幸せ??」

「幸せだし、まわりも幸せになるといいな〜と思うよ」

「じゃあ、もっとガンガンやったらいいんじゃない?」

という会話が繰り広げられてて、ウケました。笑

ぜひともこれからも存分に頑張っていただきたいですね。笑

 

ということで。

相当泣いたので、かなり癒やされてくれてるといいですねぇ。笑

母親から「おばあちゃんの呪い(笑)の影響をいちばん受けてるのって、悠なんじゃない?」って言われたこともあるので。笑
いろんな「呪い(笑)」も解けてるといいなぁ。笑

 

<告知>
3/23 22:00〜 4月度カウンセリングモニター(対面・Zoom)の募集開始します。ご興味ある方はぜひ♥

 

*あなたのお悩み募集してます*

お悩みを、ブログで記事にしてもいいよ!という方は、ぜひお悩み相談をお送りください。
あなたのお悩み、お待ちしてます。

4+