ヘラクレスくんは「捕まえる」より「育てる」もの。【野良猫女子のパートナーシップ研究】

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

昨日・今日は、お弟子3期を動画見学していたのですが。
お弟子講座が終わった後、久しぶりに婚活パーティーに参加してました٩( ᐛ )و

 

これまでの活動遍歴。

今は、いろんな婚活・恋活アプリがあるので、結構アプリを使ってる人が多いかと思いますが。私も、まわりの人で、婚活・恋活でうまくいってる人が何人もいて。

「アプリで出会って結婚した(今は一児のママに♥)」とか、「シングルマザーが20歳以上年下の穏やかでやさしいメンズと出会って、女王様扱い(…!)されてる♥」とか。

街コンの方でも、「婚約破棄されたけど、街コンで出会った人と結婚して、今は恋愛カウンセラーとして活躍中」っていう人もいたり。

 

で、「おもしろそう♥私もやってみよ〜♪」と思ってやってたんですが、、、私、会ったことのない人とメッセージのやり取りをするのがすごく苦手で💦(そもそもあんまり自分から送らないかも??)
何度も挑戦したんですが、相変わらず苦手だったんです^^;

アプリだと、マッチングする → メッセージのやりとり → 直接会う になるかと思うんですが、メッセージのやり取りが苦手で、会うところまでなかなか行かなかったんです。

今年の春くらいに「こんなにやって、それでも苦手なら、もうしょうがないよね〜」と、ようやくあきらめ。笑 いくつかやってたアプリを全てやめて。

6月に、お弟子1期のえつこさんのカウンセリングを受けたときに「これだったらすぐ会えるよ」っていうアプリを紹介してもらい。

Dine(ダイン) | 出会いの最短距離をつくるマッチングアプリ
「出会いの、最短距離。」をコンセプトに、ご飯デートをセッティングする第3世代のマッチングアプリ。デート場所となる飲食店の予約も代行します。

会った人もいたんですが、このアプリだと、マッチング → 即「いつ会いますか?」になるのが、「親密感への恐れ」傾向の野良猫女子な私は、「いくらなんでも、ちょっと唐突すぎるやろ…!」と思ってしまって。
ワガママだなw

で、数年前、婚活パーティーに行ってたことを思い出して。「『今の私にできること』って言ったら、これかな??」と思い、今回行ってきました٩( ᐛ )و

 

過去の婚活パーティーでの出会い(&懺悔。笑)

そもそも婚活パーティーに行き始めたきっかけは、5年くらい前、当時の職場の先輩から「婚活パーティー行ったらおもしろかった」って話を聞いて、教えてもらって↓。

婚活パーティー・お見合いパーティーを探すならPARTY PARTY|婚活はIBJ
日本最大!月間参加者数60,000名突破の婚活パーティー・お見合いパーティーを探すならPARTY☆PARTY。東証一部上場のIBJが運営。専用ラウンジで1対1の個室トークから、恋活謎解き・趣味コンなど月8,000組のカップルが誕生!

私が参加してたのは、「参加者全員と、1対1で数分間話せる」というタイプの婚活パーティーだったんですが、普段出会わないような人にも会えるのがおもしろくて、一時期けっこうハマってたんですよね。笑 当時、100〜150人くらいには会ったような…??
あと、当時はお医者さん専門の転職エージェントしてたので、「お医者さんに出会いたかった」というのもあったんですよねw

でも、その当時は「野良猫な元カレを忘れたかった」というのもあって。笑
まだ元カレに執着してて、「心」と「行動」が違うので、全然うまくいかなくて。苦笑

いろんな男性と出会えましたし、出会った人はいい人ばっかりだったんですが。
私の自己肯定感がドン底だったのもあってか、必要以上に好かれようとしていたり。「いかに効率良く男性の連絡先を手に入れるか」を考えていて。苦笑
男性から好意を示されると「(こんな私を気に入るなんて)騙されてやんのw」って思ってましたね〜。。。
我ながら、ほんとヒドいw

男性とは「常に笑顔で、どんな会話も拾ってあげる」という感じで接してたので、気分的にはデートが「接待」みたいな状態で^^; 男性からいろいろしてもらっても、「こんなに頑張ってるんだし」って思ってましたね〜。。。苦笑
当時出会った方々、本当にごめんなさい〜💦

 

今回、変化や成長を感じた部分。

今回も「参加者全員と、1対1で数分間話せる」というタイプのものに参加したんですが。
以前参加したときは、私の無価値感が強くて、自己肯定感もかなり低かったので。
今考えると、いわゆる「万馬券の恋」「(自分と合うかどうかは置いといて)すごい人」を手に入れようとしていたんじゃないかな〜と。苦笑

万馬券な恋~損得勘定に走ってしまう2つの恋のパターン~ | 心理カウンセラー根本裕幸
* 今までこんだけ頑張ったんだからそれを取り戻さなきゃ損だよね!!そんな競馬の最終レースのような心理が働く恋があります。 それぞれの傾向と対策をまとめてみました。 * JRAの競馬は1日だいたい12レースが開催される。 11レースがメインレースで、ダービーとか有馬記念とかのGI(ジーワン)レースを始め、その日でイチオシ...
手の届かない彼を求めてしまうのは無価値感が強いから? | 心理カウンセラー根本裕幸
* 自分には価値がないと思っていると、それを補うだけの価値を持っている人とお付き合いしたいと思います。 ブランドで身を固める心理に近いものがあるんですが、そんな無価値感は少なからず誰もが持っているものです。 改めて、自分の価値を見つめ直すきっかけにしてみてくださいな。 * 根本先生こんばんは。 ネタリクエストになるのか...

んで、「より多くの男性に好かれるか」「よく思われれるか」ばっかり考えていて、かなり無理して頑張ってたんです。苦笑

で、「どの日程の婚活パーティーに参加するか」を選ぶときも。
回ごとに年齢やテーマなど(「高身長・高収入」や、「オタク系の趣味がある人」など)があるんですが。
以前は「よりおもしろい(社会的に成功してそう・すごそう・まわりにいなそう)な人が集まりそうなもの」を選んでたんですよね。苦笑

でも、今回選ぶときに意識してたのは
「ちゃんと『結婚』について考えてる人」&「自分に合いそうな人」が集まりそうなものは?
② 私が年齢的に有利になれそう(不利にならなそう)なものは?
(自分が比較的若い方に入れるもの(例:自分が28歳なら、参加者の年齢が27〜35歳の回を選ぶとか))
だったんです。

参加者の男性と話すときも、「いかに好かれるか」っていうより「相手との時間をなるべく楽しもう」というように考えて接していて。
男性から好意を示されても、かつては毎回思ってた(苦笑)「騙されてやんのw」と思わなくなったり。自分も少しは好意を表現できるようになったり。

あとは、以前はたぶん、「“完成形”の男性」を探してた気がするんですよね。「すでに“私が求めるもの”を持ってる人」をたぶん探していたんじゃないかな〜と。

でも、今回は「興味を持つ男性」が少し変わった気がしていて。
「今は、男性的な魅力はそんなに感じなくても、私好みのヘラクレスくんに育ててみるのもおもしろそうかも♥(ΦωΦ)」と思うようになったり。笑

「あんまり変わってないように思ってたけど、ちゃんと変化・成長した部分があったんだな〜」と感じました。過去と比較して成長分を受け取るのは大事ですね〜✨
師匠いろいろ貢いでセミナー通ったり、お弟子にもなった甲斐があったなぁ。笑

 

あとは、「みんながやってるから」って、無理に頑張り続けないで、「自分に合う方法」を選ぶことの大切さも、かなり感じましたね〜…!
そういえば私、「大勢が苦手」で、「1対1の方が好き」だし。わりと人見知りなのに、なぜか「初対面」はけっこう得意なんじゃないかな、と思ってるんですよね。笑
「じゃあなんでそれでやらないのw」っていう話ですが(笑)、「みんながやってる」のを自分もやりたかったんでしょうね〜

まぁ、いろいろやってみて、「あ、こりゃダメだ笑」ってあきらめたからこそでもあるんでしょうけど。笑

 

ということで。
ひとまず、今回出会った男性たちとの関係をしばらく育ててみようかな〜と思います。
進捗があれば、またブログでご報告できたらいいですねぇ꒰*´꒳`*꒱

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら

2+