自分の愛に自信を持つ。【野良猫男子&ロックマン氏を研究する会レポ】

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

昨日は、師匠・根本さんのオンライン講座「野良猫男子&ロックマン氏を研究する会」に参加してました٩( ᐛ )و

 

講座後半に出てきたイメージワークでモヤモヤして。笑

その後、お恨み帳 → お弟子のノート引っ張り出して「近づくワーク」5回(笑) →「手放しワーク」2回やって(笑)、かなり泣かされてました。笑
かなりのがっつりコースですね〜笑

でもスッキリ✨&肩の荷が下りた感じです〜♪^^

 

ということで、まずは講座内容のまとめから。

 

そもそも「野良猫」「ロックマン」って??

人間関係や心は「依存→自立→相互依存」という成長プロセスをたどる

野良猫:
・自立の中に期待やニーズがある状態
・近づくと逃げる。感情的になることも。
・信用ならない、嘘つきな感じがする

ロックマン:
・自立していて、期待やニーズを抑圧してる状態
・表向きは冷静
・近づくとシャッターを下ろす
・話が通じない感じがする

どちらも「たくさん傷ついてきて、もう傷つきたくない」とフタをしてる

 

野良猫・ロックマンにハマりやすいマインド:
◎助けてあげたい
 癒やしてあげたい
◎女性性が豊か
 バランスを取ろうとしてる
 成熟した女性性やセクシャリティ

あとは、「鏡の法則」

・自分自身も傷を負ってる?
・野良猫気質?鉄面皮ちゃん(ロックマンの女性版)??
・助けたい一方で「自分も助かりたい」
・女性性が豊かだけど、抑圧してる

 

「自立」は、「競争心」や「比較」がある状態。
「自立」同士の関係性はパワーストラグル。ケンカ状態。主導権争いになりやすい

 

彼らとうまくやっていくには?

大事なのは

・女性性
・信頼
・サレンダー
・手放し
・感謝
・コミットメント

「対等性」「共生・協働」がカギ

 

「天国は一人で入れない」
「私はこうしたいけど、彼が・・・」は競争
「彼が自分を下に見てる」と思った時点で競争してる

でも、ビジネスでの関係だとできてることも多い。
→ “距離のある関係”だからできる

パートナーシップ、家族は距離が近いので、やりにくい。

 ↓

負けてあげる

彼が自分を下に見てくるなら「下に見せてあげる」
勝負の土俵に乗らない

「子どもだな〜」と見てあげる
でも、「彼自体」が子ども、とは見ない。理論や知識は大人だったりする
彼の「精神年齢・心・感情」が子ども
ずっとフタをしてきたから成長を止めてる
あくまで彼基準で「傷ついてきた」 ←もしかしたら大したことないかも??笑

 

「バランスの法則」
彼に抑圧してるところがあるなら、自分にも抑圧してる部分がある可能性がある。

 ↑

「エネルギー的な部分」で抑圧してることが多い
セクシャリティを抑圧してることが多い

「大人の女性として自信がない」というのは、女性性が十分解放されてないのかも??
自分には「年相応の魅力」ってあると思ってる??

関係性には「互いに育てていく意識」が必要

 

自分を誰かに助けさせてあげる
彼じゃなくてもいい。カウンセリングとかでもOK

「相互依存」に入ったらずっとそのままなのではなく、「依存」「自立」とぐるぐる回る
→ だんだん「相互依存」の割合が増えてく

 

「期待」ではなく、「信頼」を持つ

期待:裏にニーズがある

信頼:ネガティブな反応も受け入れられる

彼軸になりやすいけど、「自分はどうしたいか?」が大事

 

体のセックス → ハートのセックスにするのは女性の役割

 

自分の愛に自信をもつ
それくらい大きな愛を持ってる

自分を心地よくしておくことが大事
体&心のケアをしっかりやろう

 

という内容でした〜。

 

この後、モヤモヤして、いろいろやってたんですが。笑

長くなりそうなので、いったん切りまーす٩( ᐛ )و

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら

4+