「当たり前の日常」は、「いろんなものに守られてる日々」でもある。

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

いよいよ明日が今のお仕事の最終出勤日になるので、
今日は保険や年金関係で関係各所に問い合わせてたのですが。

いや〜・・・こういう、「役所が関係してくる分野」とか、「契約」とか。
ほんとーーーに苦手なのです。。。
「ケータイの契約」とかも苦手です

「なんでそんなに苦手なんだろ??」って考えてみたら。

  • しなきゃいけない
  • 逃げられない
  • わかりにくい上に、適当には決められない

思いっきり「他人軸」だったことに気づきましたw
そりゃーしんどいわけだw

 

組織を離れるので、今は自分でなんとかしないといけないわけですが。

今までは全部、他の人にやってもらってたんだな〜と思ったら、
「当たり前の日常」は、意外と「いろんなものに守られてた日々」でもあったんだな〜
と気づきました。

「ルール」を守ったり、「制限」が掛かることも多いけど、その一方で
見えないところで気づかないうちにたくさんの「恩恵」も受け取ってきたんだな〜と。

手放したり、離れるときになってようやく、その“価値”や“重み”に気づくことって多いですよねぇ。。。笑

んで、どちらが「良い/悪い」「優れてる/劣ってる」というわけでなく。
「自分がどちらを選びたいか」なんだな〜とあらためて感じました。

 

…と言いつつ、一方で「明日は退職祝いだな♥」とも考えてるんですけどね。笑

最後の1日、がんばりまーす♪٩( ᐛ )و

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら

6+