【ご相談】前職のトラウマを克服し、転職活動をうまくいかせるには?

こんにちは、カウンセラーの悠ですʕ•ᴥ•ʔ

 

 

今日はココロノマルシェに回答させていただきます٩( ᐛ )و

ココロノマルシェとは:
根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーたちがあなたのご相談にお答えします。

 

 

前の会社でのトラウマと転職について

イヤな経験をして「これは自分には合わない。今度は別のものを選ぼう」って思うのは、「言い訳」や「逃げ」というよりも、「学習」であって、「成長の証」とも言えるんじゃないでしょうか。

まずは、今までの自分の頑張りを認めて、褒めてねぎらってあげてほしいな、と思いました。
そして、自分の「本音」を大事にしてあげてくださいな^^

 

前の会社でのトラウマと転職について
初めまして。転職での仕事選びや前職のトラウマについて悩んでおり、ご相談です。 今年3月に、新卒で入社し約15年弱勤めた会社を退職しました。 好きなことを仕事にし、終電(日によってはもっと)まで働くのが当たり前な完全に仕事

初めまして。転職での仕事選びや前職のトラウマについて悩んでおり、ご相談です。

今年3月に、新卒で入社し約15年弱勤めた会社を退職しました。
好きなことを仕事にし、終電(日によってはもっと)まで働くのが当たり前な完全に仕事中心の働き方をしてきました。

世間でも名の通った業界内大手の会社でしたが、いわゆるブラック企業でコンプライアンスにも問題があり、上司からのパワハラ・モラハラ(時にセクハラ)、同じ部署のモンスター社員の先輩からの10年以上に亘る日常的な嫌味・嫌がらせ・仕事の押し付け、膨大な業務量での長時間労働、社員同士の悪口や不平不満が蔓延している人間関係、管理部門への理解がない社風(私は管理部門です)、とかなり過酷だったと思います。
愚痴を聞いた友人の感想や、同業界からの転職組や同業他社の方の会社に対する感じ方を聞いても、組織体制の問題や人のクセもかなり強い会社のようです。

他人をかえりみない人が多かったり体育会系気質の社風も合わず、好きなものに係れるモチベーションだけでなんとかやってきましたが、数年前に会社に対する信頼がぷつりと切れる出来事があり、他の要素も重なって一時期メンタルクリニックにも通いました。
なんとか持ち堪えたものの(但しモチベーションは激減)、約1年前に完全に見切りがつく出来事があり、転職活動を始めました。
しかし、今年初めについに会社に行けなくなり、かなり引き留められましたが、精神的にも身体もボロボロになって次も決まらないまま退職という情けない辞め方になりました。

退職してから約半年、マイペースに転職活動をしていますが、コロナの影響や、前職が専門性が高く潰しがききづらい職種のため、なかなか難航しています。
そのような中でも、知人の紹介で受け、選考も進み内定が見えていた同業他社の会社があったのですが、つい先日選考を辞退しました。
給与も悪くなく、数年前の自分だったら行ったであろう魅力的な会社でしたが、前職同様ワークライフバランスが全くとれなさそうな点、前職の経験の延長に近く、その会社で働いている自分を想像した時、他のスタッフの方と同じ温度感で生き生きと働けている気がしなかったためです。
そこで、好きなものは好きなままではあるものの、前のように頑張れる情熱がなくなっていまだに精神的に疲弊している自分に気づきました。

退職後半年経ちましたが、先日元上司からメールがきて名前を見ただけで嫌な記憶がフラッシュバックして忌々しい気持ちになったり、昔は良く一緒に飲みに行っていて仲が良かったような人に対してさえ心理的な距離感ができたりと、トラウマが根深いのを感じています。。
「違う業界で色々な新しいことに触れ価値観を広げたい、新しいスキルを身に付けたい」
という想いがありますが、今後のキャリアを見据えた上での本音でもありつつ、単に前職のトラウマから、前職に似た要素を極力避けたいがための言い訳・逃げのような気もします。

トラウマを克服するには、会社が違えば色々違うので、荒療治的にあえて似たような業界内の会社で似たような仕事をする中で前職との違いを見つけながら仕事をするのと、
今の「違う業界という新しい環境で新しいことを経験した方が前向きになれそうな気がする」という感覚に従うのと、どちらが良いのでしょうか。

想定される転職先は、何かしらの形で前職と取引があると思われるため、前職の人とやりとりが発生したり会った時に、愛想良くとまではいかずとも、普通に接することができるようにもなりたいです。

大変長文で申し訳ありません。

(マコトさん)

  

「勇気ある撤退」おつかれさまでした^^

マコトさん、ご相談ありがとうございます^^

私の話になりますが、私も今月退職していて。
今月末から興味のある講座を受講予定だったりと、「新しい仕事」に向けて行動しているところなので、「なんか似てるかも〜♪」と思いつつ、ご相談を読ませていただきました^^

それにしても、いろんなワードがてんこ盛りすぎて、文章見ただけでも思わず「うわぁ…」「おぉ…」って言ってしまいそうな環境で、15年間も…!!!
すごいなぁ〜…。ずっとがんばってこられたんですね〜…!本当におつかれさまでした^^

 

>他人をかえりみない人が多かったり体育会系気質の社風も合わず、好きなものに係れるモチベーションだけでなんとかやってきましたが、数年前に会社に対する信頼がぷつりと切れる出来事があり、他の要素も重なって一時期メンタルクリニックにも通いました。
>なんとか持ち堪えたものの(但しモチベーションは激減)、約1年前に完全に見切りがつく出来事があり、転職活動を始めました。
>しかし、今年初めについに会社に行けなくなり、かなり引き留められましたが、精神的にも身体もボロボロになって次も決まらないまま退職という情けない辞め方になりました。

真面目でお仕事熱心で努力家なマコトさんだからこそ、きっと今までの生活で頑張りすぎていて。
心も身体ももういっぱいいっぱいになっていて。
そのときのマコトさんには、その環境から抜け出すのが精いっぱいだったんじゃないでしょうか。
「情けない辞め方」というより、「勇気ある撤退」という方が、きっとふさわしいんじゃないかな、と感じました。

退職の際はかなり引き止められたとのことですが、こういう環境だと、他の人のことなどもあるでしょうし。
きっとなかなか退職しにくかったんじゃないかと思うんです。
そもそも、どんな状況だったとしても、退職するのも、転職活動始めるのも、けっこうエネルギーが必要でしょうし。

それでも、マコトさんとマコトさんの未来のために行動されたから、「今」があるわけですよね??
それって、本当にすごいことだと思いますよ〜^^

ぜひマコトさん自身を思いっきり褒めてねぎらってあげてくださいね^^

  

「逃げちゃダメだ」って思ってません??

>「違う業界で色々な新しいことに触れ価値観を広げたい、新しいスキルを身に付けたい」
という想いがありますが、今後のキャリアを見据えた上での本音でもありつつ、単に前職のトラウマから、前職に似た要素を極力避けたいがための言い訳・逃げのような気もします。

いいですね〜^^
私も何度か転職し、その度に業界を変えてきて(笑)、いろんな業界を渡り歩いて来てるのですが。
新しいことに触れたり、新しいことを習得したり。自分の世界が広がったり、逆に自分が知ってた世界とつながったりするのは、すごくおもしろいですよね〜♪

これ、ダメですか??笑
言い訳や逃げになっちゃいますかね??

もしかして、「環境を変えること=逃げること」「逃げちゃダメだ…!」とか思ってます??笑

もしそうなら、まずは師匠・根本さんの新刊「逃げる技術」をぜひオススメしたいですね…!笑

さて、師匠の新刊を紹介して、「弟子」としてのミッションは一応果たしたところで。笑

イヤな経験をして「これは自分には合わない。今度やるときは別のものを選ぼう」って思うのは、「言い訳」や「逃げ」というよりも、「学習」であって、「成長の証」とも言えるんじゃないでしょうか。

 

>好きなものは好きなままではあるものの、前のように頑張れる情熱がなくなっていまだに精神的に疲弊している自分に気づきました。

>退職後半年経ちましたが、先日元上司からメールがきて名前を見ただけで嫌な記憶がフラッシュバックして忌々しい気持ちになったり、昔は良く一緒に飲みに行っていて仲が良かったような人に対してさえ心理的な距離感ができたりと、トラウマが根深いのを感じています。。

もしかしたら、心や身体は「もう少し休みたい」「今はまだそのタイミングじゃないかも」と思ってるのかもしれませんね。

これでもまだ自分にアメよりも「荒療治」というムチをあげようとするなんて、、、
マコトさん、さてはドMですかね?♥笑

 

>その会社で働いている自分を想像した時、他のスタッフの方と同じ温度感で生き生きと働けている気がしなかったためです。

こういう感覚って、かなり当たってるんじゃないかと思うんですよね。
マコトさん自身の感覚を大事にしていったらいいんじゃないかと^^

 

>トラウマを克服するには、会社が違えば色々違うので、荒療治的にあえて似たような業界内の会社で似たような仕事をする中で前職との違いを見つけながら仕事をするのと、
今の「違う業界という新しい環境で新しいことを経験した方が前向きになれそうな気がする」という感覚に従うのと、どちらが良いのでしょうか。

どちらの「選択肢」の方がワクワクしますか??
「これ、やってみようかな♪」ってやる気が湧いてきたり、「実現できたらおもしろそうかも♪」って思えそうですか??

また、もし「実は私も同じ状況なの…!どっちがいいかな?!」って、友達から相談されたとしたら。
マコトさんはその友達になんてアドバイスしますか??

このあたりを考えてみたら、きっと「本音」がわかりやすいんじゃないかと^^

  

自分が幸せになること、自分に許可できてますか?? 

ということで、
まず、ぜひ声に出して言ってみていただきたい言葉があるんですが。

「私はもう充分がんばりました」

「私にできることはすべてやりました」

「私はもう幸せになっていい」

「私はもっと仕事を楽しんでいい」

「私はもっと好きなことや楽しいことをやっていい」

言いにくかったり、笑ってしまったりした言葉はありますか??

ぜひ何度も言ってみていただけたらと思います^^

 

ずっと頑張ってきた自分のこと、ちゃんと認めてますか??

そして。
心や身体がダメージを受けてしまうくらい、今までお仕事を必死にがんばってきたマコトさん自身に、ぜひ「お手紙」を書いてみてくださいな^^

退職されてから少し時間が経って、退職直後の頃よりは「あの頃の自分、どうだったかな〜?」と振り返りやすいんじゃないかな、と思いますし。

もし、今のマコトさんの目の前に、前の会社で必死に働いてたときのマコトさんが現れたとしたら。
なんて声を掛けてあげますか??
そのときの自分に何をしてあげたいですか??

で、それを「今の自分」にしてあげてほしいんです^^

例えば、自分自身に対して「よく頑張ったね」「ずっと我慢してたんだね」「そんなに頑張らなくていいんだよ」「もっと自分のことも大事にしてあげてね」などの言葉が出てきたとしたら。
それを今のマコトさんに言ってあげてくださいな^^

他にも心に浮かんでくるものがあれば声に出して言ってみたり。
今の思いをノートに吐き出してみるのもいいかと思います^^

そうすると、マコトさんの「本音」にどんどん気づけるようになっていって。
「自分が進みたいのはこっちかな♪」ってわかったり、行動しやすくなるんじゃないかと^^

 

お仕事って、起きてる時間のうち、けっこうな割合を占めるものですし。
生活リズムやお金、人間関係などにも影響があって、人生でかなり大きなものだと思うんです。

マコトさんが、これから楽しく、マコトさんらしく、お仕事で輝いていかれるのを心から願ってます^^

   

参考になるところがあれば嬉しいです。

ご相談ありがとうございました^^

 

◆お悩みをブログで記事にしてもいいよ!という方は、お悩み相談をお送りください。
あなたの「不安」吐き出してみませんか?^^
悠へのご相談はこちら


◆根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したキャラの濃すぎる(笑)個性豊かなカウンセラーが、あなたのご相談にお答えします。
様々な視点で回答を寄せてくれるカウンセラーたちに相談してみませんか?^^
ココロノマルシェはこちら

0